2015年04月22日

ヴァネッサ役のジル・アイアランドが美しい。「狼の挽歌」BSプレミアム4月22日(水)午後1:00〜2:50に放映

「狼の挽歌」製作年:1970がBSプレミアム4月22日(水)午後1:00〜2:50に放映された。

ヴァネッサ役のジル・アイアランドが実に美しい。

Jill Ireland.jpg

ジル・アイアランドを見るだけで十分である。

BSプレミアム4月22日(水)午後1:00〜2:50

一匹おおかみの殺し屋ジェフは、愛人バネッサとバカンスを楽しんでいたところ、突然何者かに追跡され乱射戦となり、3人を射殺して刑務所へ入れられてしまう。弁護士の努力で釈放されたジェフは、ニューオーリンズのレース場を訪れ、自分を襲った男をライフル銃でねらい復しゅうを果たす。後日パーティー会場でジェフは、逃げたバネッサと再会するが…。壮絶なカーチェイスや、映画史に残るといわれるラストの狙撃シーンは必見。

【製作】ピエロ・ドナティ
【監督・脚本】セルジオ・ソリーマ
【原案】ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ
【脚本】サウロ・スカボリーニ、ジャンフランコ・カリガリッチ、リナ・ウェルトミューラー
【撮影】アルド・トンティ
【音楽】エンニオ・モリコーネ
【出演】チャールズ・ブロンソン、ジル・アイアランド、テリー・サバラス ほか製作国:イタリア
製作年:1970原題:CITTA′ VIOLENTA備考:イタリア語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ

★『狼の挽歌』(おおかみのばんか、原題:Città violenta 英題はViolent City 米題はThe Family)は、1970年公開のイタリア映画。 セルジオ・ソリーマ監督、チャールズ・ブロンソン主演の犯罪アクション映画。音楽はエンニオ・モリコーネ。

ストーリー
プロの殺し屋ジェフ・ヘストン(チャールズ・ブロンソン)と、愛人ヴァネッサ(ジル・アイアランド)は、ヴァージン諸島で休暇中、何者かに追跡される。 ジェフは撃たれ、警察に捕まる。

ヴァネッサは、ジェフを撃った男によって連れ去られる。 弁護士スティーブ(アンベルト・オルシーニ)の助けで放免されたジェフは、自分を襲った組織とヴァネッサの行方を追いニューオリンズに向かう。ジェフは元相棒キレイン(ミシェル・コンスタンタン)の助けでヴァネッサの居所を突き止めるが、彼女は表は大企業主、裏は犯罪組織のボス・ウェーバー(テリー・サバラス)の愛人となっており、ウェーバーはジェフの狙撃の証拠写真を元に、組織に入るように脅す。

一匹狼のジェフはこれを断り、再びヴァネッサと逃げるが、ウェーバーの雇った殺し屋に追われる。ヴァネッサの協力を得てウェーバーを倒したジェフだったが、彼を裏切り、利用していたのは意外な者たちだった。

★ジル・アイアランド
ジル・アイアランド(Jill Ireland、本名:Jill Drothy Ireland、1936年4月24日 - 1990年5月18日)は、イギリスの映画女優。

プロフィール

ロンドン(旧ミドルセックス州)出身。

1957年、サスペンス・ホラー映画『デス・キューブ』に出演した俳優デヴィッド・マッカラムと結婚するも1967年に離婚。
1968年にチャールズ・ブロンソンと結婚。その後は夫婦競演作品が多い。

Jill Ireland1.jpg

1990年に乳がんで他界。

息子の一人が麻薬のオーバードースで亡くなっているため、反麻薬運動にも参加していた。

主な出演作品
マレー死の行進/アリスのような町 (1956) 出演
美わしのロザリンダ (1956) 出演
武装強盗団 Robbery Under Arms (1957)
0011ナポレオン・ソロ/ミニコプター作戦 (1967)
夜の訪問者 Le Passager de la Pluie (1970)
狼の挽歌 Citta Violenta (英題・Violent City) (1970)
扉の影に誰かいる Someone behind the Door (1971)
バラキ The Valachi Papers (1972)
メカニック The Mechanic (1972)
ブレイクアウト Breakout (1975)
ストリートファイター The Streetfighter (1975)
軍用列車 Breakheart Pass (1975)
正午から3時まで From Noon Till Three (1976)
チャールズ・ブロンソン/愛と銃弾 Love and Bullets (1978)
ロサンゼルス (1982) 出演 ジェリ・ニコルズ
ザ・カタストロフィ (1985) 出演
posted by kifemale69 at 16:27| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: