2017年08月23日

59歳の津村智子さんが日本一美しい夫人『ミセス・エイジスト2017』の栄光に輝く

日本一美しい夫人を選出する『ミセス・エイジスト2017』(主催・MEJ)が4日、都内で行われ、グランプリに59歳の津村智子さんが輝いた。審査員を務めたデヴィ夫人も「59歳でこの美貌はいないな」と驚きのコメントをした。

 エイジングケアの習慣を続ける40代から50代のミセス約5000人の中から“日本一美しい夫人”を決める同コンテスト。今年はファイナリスト6人の中から、59歳の津村智子さんが栄冠に輝いた。デヴィ夫人から、たすきをかけられると津村智子さんは感激の表情で「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 選考理由についてデヴィ夫人は「キレイな方の中には40歳になったばかりの方もいた。40歳ですと、キレイなのは当たり前かなと思った。59歳でこの美貌はいないなと思った」と説明。「津村智子さんは59歳で姿勢もよかったし、肌もハリがあった。津村智子さんは大変、美しいミセスだなと思った。津村智子さんがミセスになるのは当然かな」と即決だったことも明かした。




 津村智子さんは「すごくうれしい。自分も来年60歳です。少しずついろんな不安を抱えた。でも、ずっとキレイでいたいという思いでいっぱい。今回、エントリーさせていただいて、この場に立たせていただいて選ばれるなんて…」と喜びを爆発させた。デヴィ夫人から「来年、還暦ですので生まれ変わる。頑張ってください」とエールを送られ、津村智子さんは「ありがとうございました」と感謝した。

 日ごろのケアについて問われると津村智子さんは「私のエイジングケアは自分の可能性を信じて好きなことを一生懸命やる。そして、いつまでも女性としてかわいくてキレイでいたいという思い」と明かした。


ミセス・エイジレス2017に応募した女性たちも40代以上。40代や50代を中心とする応募者4746人のなかから厳選されたファイナリスト6人の中で津村智子さんは59歳の最年長でした。

☆彡雑感
ミス・ビューティページェントではなくミセス・ビューティ・ページェントというところに意義がある。

津村智子さんは59歳の最年長だった。一昔前までは還暦というと腰の曲がったおばあちゃんというイメージである。しかし、59歳の津村智子さんの美ボディはどうだろう。独身男性がナンパしたくなるような女性である。

ミセスは妻として母として嫁としてあるいは社会人として生きていかなければならない。

さらに子供を産み、育てるという重責も担っているのである。

ミセスは自分だけのことをすればいいというわけにいかないのである。暇なお母さんはこの世に存在しない。

自己の身の回りは勿論のこと家族全体のことにも気を配らなければならない。

それらの役割をこなしたうえで美ボディをキープし、知性教養を磨かなければならない。更にミセス・ページェントによってはボランティア活動にも参加する義務を生じる。

そう考えると津村智子さんは大変な重責も担ったことになる。津村智子さんが今後これを機に益々活躍されることを希望してやまない。

「女は強し、されど母はさらに強し」

「美しさと可愛らしさは女の生きる力なり」

★津村智子のプロフィール
年齢 59歳(来年2018年還暦60歳)
職業 某ミセス中心のモデル事務所に所属
身長 165-169cm 体重  kg
スリーサイズ バスト cm ウエスト cm ヒップ cm



★ AGESTとは
 
AGESTは2017年8月4日にミセス・エイジストを主催して話題になっているエイジングケアブランです。
 
2017年のミセス・エイジストのグランプリは現在59歳の津村智子さんに決定しています。
 
審査員長のデヴィ夫人も還暦前とは思えない美しさと絶賛していました。
 
 
AGESTは馬プラセンタサプリメントを中心にエイジングケア専門のブランドです。
 
<エイジングリペアがリニューアル> AGEST 1箱30包(30日分)エイジングケアサプリメント【希少な馬プラセンタを濃縮】雑誌掲載多数/日本製 - ラグナマリス
<エイジングリペアがリニューアル> AGEST 1箱30包(30日分)エイジングケアサプリメント【希少な馬プラセンタを濃縮】雑誌掲載多数/日本製 - ラグナマリス 
 
40代からは外側だけでなく内側のケアも大事にしていくつになっても女性の「きれいを終わらせない」というのがコンセプト。
 
仕事や子育てが落ち着いてきたので自分と向き合って自分を大事にしたい40代50代の女性にぴったり!。
 
2015年のモンドセレクション金賞を受賞。
 
モンドセレクションとは1961年にスタートした優秀な商品だけに与えられる賞です。


 株式会社MEJ(代表取締役社長 古賀徹)は、2017年8月4日(エイジングの日)に「キレイを終わらせない」をテーマに開発された、サプリメントと美容液のWエイジングケアブランド「AGEST」を発表いたしました。

体の中と外、両方からの「Wエイジングケア」でハリ・ツヤのある毎日を送っていただくために生まれた、40歳以上の女性をターゲットとなる商品となっています。

それに伴い、「エイジストの日」に最もふさわしい女性として、日本一美しい夫人「ミセス・エイジスト2017」を選定するイベントを表参道 le conte(ル・コンテ)にて開催しました。

食事や運動、コスメやサプリメントなどについてエイジングケアへの高い意識を持ち、普段からエイジングケアの習慣を続ける40代・50代の女性4,746人の中から、すっぴんの肌と普段から行っているエイジングケアの方法を選考の基準として、株式会社MEJ社員がファイナリスト6名を選出。
イベント当日には、日本一美しい夫人を自負するデヴィ夫人が審査員長として登場。
59歳でありながら「いつまでも女性として可愛くありたいと語る津村智子さんを「ミセス・エイジスト2017」に選定しました。
デヴィ夫人は選定理由として、「皆さんお綺麗だったが、来年還暦を迎えるとは思えないこの美貌に驚かされた」と語りました。

今後とも「AGEST」では、様々な形でいつまでも美しさを保ち続けている女性たちを応援いたします。
8月4日「エイジングの日」制定

 8月4日を「8(エイ)」「4(じ)」と読ませて「エイジングの日」を制定。「キレイを終わらせない記念日」として、普段から健康・美容へ気を配って努力を怠らず、いつまでも美しさを保ち続けている女性たちを応援いたします。

★デヴィ夫人のプロフィール
★デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人[1]。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)、通称はデヴィ夫人。タレント的活動は1970年代より。

◆人物
インドネシアの大統領だったスカルノの第3夫人にあたる。インドネシア語(マレー語)・仏語・英語に堪能である。

◆デヴィ・スカルノ Dewi Sukarno
本名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ Ratna Sari Dewi Sukarno(インドネシア名)
根本 七保子 (旧名・日本名)
別名義 デヴィ夫人
生年月日 1940年2月6日(77歳)
出生地  日本 東京府東京市麻布区霞町 (現:東京都港区西麻布)
国籍  インドネシア
職業 タレント
配偶者 スカルノ

生い立ち
東京府東京市麻布区霞町(現在の東京都港区西麻布)に父・兵七郎と母・政子の間に生まれる。父は麻布区霞町界隈の大工であり、弟が1人いた(八曾男)。


スカルノ大統領との間に生まれた一人娘のカリナは、2005年(平成17年)11月26日にオランダで米系大手金融機関シティバンクの欧州・中近東・アフリカ地区CEOフレデリック・シーガスと挙式している

◆著書
パリからの手紙―世界に生きる女の華麗な視線(祥伝社ノン・ブック 1974)
デヴィ・スカルノ自伝(文藝春秋 1978)
愛をつなぐ(冬青社 1999)
デヴィの「ちょっと一言よろしいかしら?」(冬青社 2000)
デヴィの「ここまで言ってよろしいかしら」(あ・うん 2000)
デヴィ夫人のスラスラ英会話(主婦と生活社 2002)
社交界への誘い(リヨン社/二見書房 2003)
デヴィ・スカルノ回想記―栄光、無念、悔恨(草思社 2010)
言い過ぎて、ごめんあそばせ(KADOKAWA 2014)

◆出演
テレビ
●レギュラー
アイ・アイゲーム(フジテレビ)
快傑熟女!心配ご無用(TBS)
嵐を呼ぶあぶない熟女(TBS)特番
愛する二人別れる二人(フジテレビ)
壮絶バトル!花の芸能界(日本テレビ)
うわっ!ダマされた大賞(2010年 - 、日本テレビ)特番 ※レギュラー仕掛け人
●準レギュラー、及び不定期出演
愛のエプロン(テレビ朝日)
ロンドンハーツ(テレビ朝日)
脳内エステ IQサプリ(フジテレビ)
ペケ×ポン(フジテレビ)
〜謎解き冒険バラエティ〜世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ)
ネプリーグ(フジテレビ)
オールスター感謝祭(TBS)
好きか嫌いか言う時間(TBS)
世界の日本人妻は見た!(毎日放送)
バイキング(2015年4月1日 - 2016年3月30日、フジテレビ) - 水曜日準レギュラー
●ドラマ
独身貴族(フジテレビ) - 星野亜希子 役
刑事バレリーノ(日本テレビ) - 夫人 役
●CM
金鳥
LINEゲットリッチ
ソフトバンク


posted by kifemale69 at 07:21| Comment(0) | ビュティ・ページェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

2016年のミスUSA(Miss USA)に首都ワシントン代表のデショーナ・バーバー(Deshauna Barber)さん(26)

2016年のミスUSA(Miss USA)決勝大会が5日、米ネバダ州ラスベガス(Las Vegas)で開催され、52人の参加者の中からコロンビア特別区(District Of Columbia、首都ワシントン)代表のデショーナ・バーバー(Deshauna Barber)さん(26)がミスUSAの栄冠に輝いた。

 バーバーさんは米陸軍の予備役将校で米商務省のITアナリスト。ミスUSAに参加することで「古い型」を破りたかったという。軍での任務を通じて「自分の美に自信を持つことは、見た目がどうあろうと周囲の尊敬を集めることなのだと学んだ」と語った。

 ミスUSAで優勝したバーバーさんは米国代表としてミス・ユニバース(Miss Universe)の世界大会に出場する。

★Deshauna Barber (born December 6, 1989) is an American model, beauty pageant titleholder and officer in the United States Army Reserve. On June 5, 2016, she was crowned Miss USA 2016 by outgoing titleholder Olivia Jordan of Oklahoma. She will represent the USA at Miss Universe 2016.

Deshauna Barber

Beauty pageant titleholder

Born
December 6, 1989 (age 26)
Columbus, Georgia, U.S.

Height
5 ft 10 in (178 cm)

Hair color
Black

Eye color
Brown

Title(s)
Miss Virginia International 2011
Miss District of Columbia USA 2016
Miss USA 2016

Major
competition(s)
Miss District of Columbia USA 2016
(Winner)
Miss USA 2016
(Winner)
Miss Universe 2016
(TBA)

Early life

Barber was born in December 6, 1989 in Columbus, Georgia. She was a military brat, moving due to her father's military career to North Carolina, Nebraska, Minnesota, Virginia, and Washington D.C.. Barber joined the United States Army Reserve at age 17. She attended Virginia State University and graduated with a degree in business management. She went on to work as an IT analyst for the United States Department of Commerce, and later as a quartermaster officer and logistics commander in the Army Reserve. She earned her master's degree in management information systems and services from University of Maryland University College.

Barber is a member of Sigma Gamma Rho Sorority.

Pageantry

Miss District of Columbia USA 2016

Barber was crowned Miss District of Columbia USA 2016 on December 19, 2015 by outgoing titleholder Lizzy Olsen.

Miss USA 2016

On June 5, 2016, Barber competed in the Miss USA 2016 pageant in Las Vegas, Nevada. She went on to win the competition, beating out first runner-up Chelsea Hardin of Hawaii and second runner-up Emanii Davis from Georgia. She was crowned by outgoing Miss USA, Olivia Jordan of Oklahoma. She is the eighth African American woman to obtain the crown of Miss USA.

Miss Universe 2016

Barber will represent the U.S. at Miss Universe 2016 where she will compete to succeed the current titleholder, Pia Wurtzbach of the Philippines.
posted by kifemale69 at 12:03| Comment(0) | ビュティ・ページェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

ベネズエラ代表のエディマー・マルティネスさん(20)が「2015ミス・インターナショナル世界大会」で優勝

「2015ミス・インターナショナル世界大会」が都内のホテルで12月5日に開かれ、ベネズエラ代表のエディマー・マルティネスさん(20)が優勝した。マルティネスさんは、水着審査で見事なスタイルで観客を魅了したミスに贈られる「ミス・パーフェクトボディ」とのダブル受賞となった。
ミスインターナショナル2015.jpg
 同大会は1960年に誕生し、今年が55回目。都内のホテルで5日に開かれた大会には、世界の国と地域から70人のミスたちが参加。民族衣装、水着、ドレスの審査などを経て、「2015ミス・インターナショナル」が決まった。


 一般社団法人国際文化協会(所在地:東京都中央区、会長:下村朱美)は、 2015年11月5日(木)に世界3大ビューティ・ページェントの1つである第55回ミス・インターナショナル世界大会を開催し、ベネズエラ代表の エディマー マルティネスさんが優勝したことを発表します。エディマー マルティネスさんは、「2015ミス・インターナショナル」を受賞した他、水着審査において、見事なスタイルで観客を魅了したミスに贈られる「ミス・パーフェクトボディ」も併せて受賞しました。

「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント(以下、ミス・インターナショナル) 」は、ミス・ワールド、ミス・ユニバースと並ぶ世界3大ビーティ・ページェントの1つで、1960年に誕生し、今年で55回を迎えました。美しさはもちろん、国際親善や世界平和など、国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが「美と平和の親善大使」として集い、互いに交流を深めることを目的としています。

昨日開催した「第55回ミス・インターナショナル世界大会」では、各国と地域より集った70名のミスたちを対象に、民族衣装、水着、ドレス審査を実施しファイナリスト10名を選出、その後スピーチ審査を経て2015ミス・インターナショナルを決定しました。

■優勝コメント

「2015ミス・インターナショナル」に輝いたエディマー マルティネスさんは受賞後、
「今の気持ちを表すのは本当に難しいですが、今までで一番うれしいです。日本のみなさん、主催のみなさん、このような機会をくださり本当にありがとうございます。ベネズエラ、私、やったわ!」と喜びを爆発させ、涙を浮かべました。

「暴力の被害にあった人たちを助けるプロジェクトに一年かけて取り組んでいます。そのプロジェクトのきちんとした機関を作りたいと思っています。また、この機会に日本文化をもっと知りたいと今回滞在して感じました。また、世界に平和をもたらすためにリーダー的存在になれればと思います。」と目標を掲げました。

■特別賞「ミス・ナショナルコスチューム」

●中川 愛理沙さん(19・日本代表)

ミス・ナショナルコスチュームについて:
70の国と地域の代表の中から、自国の民族衣装をもっとも魅力的に披露した代表に贈られる賞。
中川さんが日本人初となる「ミス・ナショナルコスチューム」の受賞者となります。

コメント:
「日本代表として、一番力を入れてきた着物の審査で賞をもらえてうれしい。優勝を逃したのは悔しいが、ベストを尽くせた。応援してくれた人たちに感謝の気持ちを伝えたい」と話した。

■2015ミス・インターナショナルの日本代表選出大会が2014年11月4日、都内で行われ、千葉県出身の中川愛理沙さん(18)が選ばれた。
生年月日 1996年2月13日
スリーサイズ B82 W59 H88

 モデルとしても活躍し、和洋女子大1年で和裁を学んでいる。2歳から続けているバレエで鍛えた抜群のプロポーションと172センチの長身をアピールし、31人の中から最年少で選ばれた。

 選ばれた瞬間を「一瞬、頭が真っ白になって、後から『あっ、私だ』と思った。驚きました」と振り返った。将来については「人とのつながりを大切にして世界に羽ばたきたい」と夢を語った。来年の世界大会まで1年しかない。「英語をしっかり学んで優勝しなければならない」と早くもV宣言も飛び出した。

 2位には松田梨奈さん(20)、3位には藤波優紀さん(24)、4位には長尾春佳さん(22)が選ばれた。


■「2015ミス・インターナショナル世界大会」入賞者


● 2015 ミス・インターナショナル (1位)
エディマー マルティネスさん(20・ベネズエラ代表)

● 2015 ミス・インターナショナル (2位)
ジェニファー バジェさん(21・ホンジュラス代表)

● 2015 ミス・インターナショナル (3位)
ユニース オニャンゴさん(22・ケニア代表)

● 2015 ミス・インターナショナル (4位)
ファム ホン チュイバンさん(22・ベトナム代表)

● 2015 ミス・インターナショナル (5位)
リンゼイ ベッカーさん(25・アメリカ合衆国代表)

■「2015ミス・インターナショナル世界大会」特別賞

● ミス・ナショナルコスチューム
中川 愛理沙さん(19・日本代表)

● ミス・パーフェクトボディ
エディマー マルティネスさん(20・ベネズエラ代表)

● ミス・ベストドレッサー
ジャニセル ルビナさん(21・フィリピン代表)

上記画像:左から、ファム ホン チュイバンさん、ジェニファー バジェさん、エディマー マルティネスさん
     ユニース オニャンゴさん、リンゼイ ベッカーさん


■「第55回ミス・インターナショナル世界大会」特別賞

● ミス・インターナショナル アジア
 アルム パクさん(24・韓国代表)

● ミス・インターナショナル アフリカ
 ユニース オニャンゴさん(22・ケニア代表)

● ミス・インターナショナル アメリカ
 ラウラ マルセラ ルイスさん(22・アルバ代表)

● ミス・インターナショナル オセアニア
 ブリアナ アコスタさん(24・ハワイ代表)

● ミス・インターナショナル ヨーロッパ
 イザベル ヴィエラさん(22・ポルトガル代表)

※年齢表示について:世界大会当日(2015年11月5日)時点の年齢を表記しています。

★「一般社団法人国際文化協会」
 一般社団法人国際文化協会は世界の文化や芸術の交流を通じた「世界各国との友好・親善」を目的に、1969年(昭和44年)4月、外務省(文化交流部)の外郭団体として認可され、発足。以来、国際貢献事業として「相互理解による世界平和の実現」と「国際社会における日本の正しい理解」をスローガンに、人物交流等を幅広く展開しています。

★「ミス・インターナショナル」
 ミス・インターナショナルは、正式名称を「ミス・インターナショナル ビューティ・ページェント」と言い、1960年に米国で誕生しました。誕生から7年間は米国で開催されていましたが、日本万国博覧会(1970年/大阪)の開催を記念して、日本に開催権が移されました。
国際平和を願う各国の代表が“美と平和の親善大使”として一堂に集う世界大会では、広く世界の国々に“平和の祈り”を発信し、主催国である日本の素晴らしさもアピールしていこうという趣旨のもと毎年開催されています。
 また、ミス・インターナショナルでは、ミスたちが個々のレベルで国際交流活動を行っています。「緑化推進運動」や「ミス・インターナショナル・フォーラム」をはじめ、「チャリティーイベント」などの社会貢献活動を通じて、日本と世界各国との友好と親善を深めています。





















posted by kifemale69 at 17:05| Comment(0) | ビュティ・ページェント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする