2015年01月27日

世界的ピアニストの中村紘子さん(70)が初期の大腸がんと診断され、2月1日から3月1日まで予定されていた演奏活動を休止

世界的ピアニストの中村紘子さん(70)が初期の大腸がんと診断され、2月1日から3月1日まで予定されていた演奏活動を休止することが分かった。所属事務所が27日、公式サイトで発表した。

 発表によると、中村さんは医師による検査、診察を受けたところ、初期の大腸がんと診断され、医師団と治療方針に関する詳細な協議を行った結果、入院を伴う検査と治療をすすめられたため、演奏活動を休止することになったという。

 昨年、演奏活動55周年を迎えた中村さんは「しばらくは猫をかぶって、おとなしくして、治療に専念いたします」とコメントした。

 所属事務所は、「公演を楽しみにしていただいていたお客さまには大変なご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解のほどお願い申し上げます」とし、今後については「経過をみながら治療期間等を医師団と相談し、演奏活動の再開については改めて皆さまにご報告させていただきます。中村紘子本人はコンサート活動の再開に並々ならぬ意欲を持っており、再び華やかでパワフルな演奏をお届けできるよう前向きに治療に取り組んでまいります」としている。

 中村さんは1965年のショパン国際コンクールで入賞し、活躍の場を世界に広げたピアニスト。若いピアニストの育成にも力を入れており、プライベートでは、74年に芥川賞作家の庄司薫さん(77)と結婚。2008年には、紫綬褒章も受章している。

◆病気療養による 2/1〜3/1の公演中止のお知らせ
<中村紘子からのメッセージ>

このたびは皆様にご迷惑をかける事となり、本当に申し訳なく、心から残念に思います。いま、私の

ピアノはかなりいい調子で、ぜひ聴いていただきたかったのに。

幸いに、先生方は皆様お優しく、最善を尽くして治療に当たりましょう、と言ってくださっています。

今や、女性の二人に一人は大腸がん、という時代。先生方は「これは、免疫力の落ちた成人病です」と、

仰っています。いずれにしても、手相によれば、私の生命線はおっそろしく長いそうですので、皆様、

どうぞご安心下さい。とにかく暫くはネコを被って、おとなしくして、治療に専念いたします。

色々と、大変ご迷惑をお掛けすることになりましたが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

                                 2015年1月27日 中村紘子




<ジャパン・アーツからのメッセージ>

拝啓 厳冬の候、平素より弊社公演にお力添えをいただき、ありがとうございます。

さて、弊社所属ピアニストの中村紘子は、医師の検査・診察を受けましたところ初期の大腸癌と診断されました。医師団と治療方針に関する詳細な協議を行った結果、入院を伴う検査と治療をすすめられたことを受け、2月1日から3月1 日まで予定されておりました演奏活動を休止させていただく事となりましたので、ご報告いたします。

公演を楽しみにしていただいていたお客さまには大変なご迷惑とご心配をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解のほどお願い申し上げます。

今後は経過をみながら治療期間等を医師団と相談し、演奏活動の再開については改めて皆さまにご報告させていただきます。中村紘子本人はコンサート活動再開に並々ならぬ意欲を持っており、再び華やかでパワフルな演奏をお届けできるよう前向きに治療に取り組んでまいります。今後とも皆さまのご理解とご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。  
                                          敬具


≪中止させていただく公演は下記のとおりです≫

公演を楽しみにしていただいていたお客様には心よりお詫び申し上げます。

詳細につきましては下記にお問合わせいただきますようお願い申し上げます。

2月1日 (日)長岡市立劇場 大ホール       TeNYチケット専用ダイヤル 025-281-8000

2月8日 (日)洲本市文化体育館 文化ホール    0799-22-3264(個人宅)

2月11日(水・祝)愛知県芸術劇場 コンサートホール   中京テレビ事業 052-957-3333

2月14日(土)北見芸術文化ホール(音楽ホール)     北見芸術文化ホール 0157-31-8989

2月21日(土)山形テルサホール         山形テレビ販促事業部 023-645-1211

                        山形テルサ023-646-6677

3月1日(日)呉市文化ホール          (公財)呉市文化振興財団 0823-25-7878

 中止となる公演は以下の通り。

◆2月1日 新潟・長岡市立劇場
◆8日 兵庫・洲本市文化体育館
◆11日 愛知県芸術劇場
◆14日 北海道・北見芸術文化ホール
◆21日 山形テルサホール
◆3月1日 広島・呉市文化ホール

★中村紘子 ナカムラヒロコ
中村 紘子なかむらひろこ

基本情報
出生名野村 紘子

出生1944年7月25日
日本の旗 日本、山梨県東山梨郡塩山町(現・甲州市)

学歴
桐朋学園女子高校音楽科
ジュリアード音楽院

ジャンルクラシック

職業ピアニスト

公式サイト
http://nakamurahiroko.com/
ウィキポータル クラシック音楽 ポータル クラシック音楽

中村 紘子(なかむら ひろこ、1944年7月25日 - )は、日本のピアニスト。旧姓名、野村紘子。本名、福田紘子。

1965年のショパン国際ピアノコンクールで、日本人として、田中希代子の1955年初入賞以来、10年ぶり二人目の入賞者として広く知られている。

山梨県東山梨郡塩山町(現・甲州市)に生まれ、東京都世田谷区等々力で育つ。夫は小説家の庄司薫。紘子自身も後年著述業に進出した。

人物・来歴
陸軍少佐野村典夫と曜子(旧姓中村)の長女として、疎開先の山梨県で誕生。ただし戸籍上は曜子の妹として入籍されている。母中村曜子は、印刷会社経営を経て、1967年以降、銀座の画廊「月光荘」の経営に参画し、ソ連美術を扱って成功を収めた。

曜子の主宰する会員制サロン「サロン・ド・クレール」には小山五郎、千宗室、三島由紀夫、浅利慶太、相沢英之、中曽根康弘、石田博英、円城寺次郎、嘉門安雄、谷村裕、永野重雄といった政財界人や文化人が集っていた。

3歳半からピアノを習う。桐朋学園の「子供のための音楽教室」の第1期生で、4歳から井口愛子に師事した。同期には小澤征爾、堤剛、江戸京子などがおり、この世代がいわゆる桐朋の黄金時代とされている。慶應義塾幼稚舎在学中、1953年から1954年頃に両親が離婚。母に育てられる。

1954年、全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学生の部で全国第1位入賞。慶應義塾中等部に進み、1958年、全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学生の部で全国第1位入賞。1959年、日本音楽コンクールで第1位特賞を受賞した。1960年に岩城宏之指揮の東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会にソリストとしてデビュー。同年、NHK交響楽団初の世界ツアーのソリストに抜擢された。

その後、桐朋学園女子高校音楽科を中退して渡米、日本人として初めての全額奨学金を獲得してジュリアード音楽院に進み、ロジーナ・レヴィーンに師事した。

1965年、第7回ショパン国際ピアノコンクールで、第4位入賞と最年少者賞を併せて受賞した。この時の1位はマルタ・アルゲリッチである。

これは、1955年の第5回ショパン国際ピアノコンクールで、日本人として初入賞した田中希代子以来、10年ぶり二人目の入賞であった。中村は、受賞以降、今日に至るまで公式ホームページをはじめ様々な形で、プロフィールに『ショパン・コンクールで日本人初の入賞 』と自己紹介・自己PRをしているが、これは明らかな誤りである。

このコンクール入賞以後、国内・海外で演奏活動を続ける一方で、ショパン、チャイコフスキー、アルトゥール・ルービンシュタインはじめとする様々な国際コンクールの審査員を務める。
日本では第3回浜松国際ピアノコンクールから審査委員長を務め(第1回は小林仁、第2回は安川加寿子)、コンクール創立10年たらずで国際ピアノコンクール連盟に加盟させるなど一級レベルの国際ピアノコンクールにまで持ち上げ、若いピアニストの育成にも力を入れている。

1974年9月に芥川賞作家庄司薫と結婚した。演奏旅行で家を空けることの多い中村の愛猫を庄司が預かるなどするうちに交際、結婚に至った。

ノンフィクション作家・エッセイストとしての顔も持ち、1989年には「チャイコフスキー・コンクール」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

2005年、エクソンモービル音楽賞受章。

2008年、紫綬褒章受章。

評価
20世紀最高の音楽批評家の一人とされる、「ニューヨーク・タイムズ」のハロルド・ショーンバーグがお気に入りだったピアニストの一人で、著書「ピアノ音楽の巨匠たち」のなかでも彼女の演奏について、「絢爛たる技巧」と「溢れる情感」、そして特に「ロマンティックな音楽への親和力」にあると評している。

レパートリー
古典派およびロマン派中心ではあるが、矢代秋雄のピアノ協奏曲の初演を行った他、三善晃や武満徹といった日本の現代作曲家の作品も多く採り上げている。

エピソード
1999年ごろ、母校である慶應義塾中等部から招かれてリサイタルを行った際、演奏をはじめてもいっこうにおしゃべりを止めない生徒たちのあまりの態度の悪さに演奏を中断し、静かにしなさい、と叱責した。しかし生徒の方はそれで静かになったものの、保護者のおしゃべりはやまなかったという。
また演奏終了後、楽屋に挨拶に来た校長から「よくぞ言ってくださいました」と声をかけられ、本来おしゃべりをやめさせるのは校長先生の仕事だろうに、世も末だ、と慨嘆したという。

出演歴
コンサート
アムネスティ・チャリティ・コンサートを東京で1983年6月17日開催。

テレビ
N響アワー(NHK教育、1993年4月 - 1996年3月、司会者として出演)
題名のない音楽会21 (テレビ朝日系、2007年10月7日・14日)
芸術劇場 (NHK教育、2008年1月4日、海野義雄・堤剛・中村紘子トリオ26年ぶりの演奏会)
辰徳スペシャル

テレビコマーシャル
ハウス食品 ザ・カリー

著作
『私の猫ものがたり』集英社、1983 のち文庫
『チャイコフスキー・コンクール ピアニストが聴く現代』中央公論社、1988 のち文庫、新潮文庫 
『ピアニストという蛮族がいる』文藝春秋、1992 のち文庫、中公文庫 
『アルゼンチンまでもぐりたい』文藝春秋、1994 のち文庫、中公文庫 
『どこか古典派(クラシック)』中央公論新社、1999 のち文庫
『国際コンクールの光と影』日本放送出版協会 (NHK人間講座) 2003  
『コンクールでお会いしましょう 名演に飽きた時代の原点』中央公論新社、2003 のち文庫
posted by kifemale69 at 22:00| Comment(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

奇跡の歌声ハイコロラトゥーラ(超高音)田中彩子の2015年の ソプラノ・リサイタル決まる 東京 大阪 長崎 名古屋

◆田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2015

田中彩子 ソプラノ・リサイタル/華麗なるコロラトゥーラ
出演:田中彩子(ソプラノ) 加藤昌則(ピアノ)

田中彩子.png

プログラム(予定):
夜の女王のアリア〜歌劇《魔笛》より(モーツァルト) 春の声(ヨハン・シュトラウス二世) 鐘の歌「若いインド娘はどこへ」〜歌劇「ラクメ」より(ドリーブ)、他

※曲目・曲順は変更になる場合がございます。
※未就学児童のご入場はお断りいたします。

■ 東京公演
公演日2015年3月18日(水)19:00開演(18:30開場)会場紀尾井ホール料金S席¥5,800 A席¥4,800(全席指定・税込)主催エイベックス・クラシックス・インターナショナル 制作協力:インタースペース一般発売日2014年10月11日(土)お問合せ03-3234-9999(月〜土:10時〜12時/13時〜18時)
https://ticketspace.jp/
東京公演のチケット先行販売はコチラ(クレジット決済のみ)

■ 大阪公演
公演日2015年3月24日(火)19:00開演(18:30開場)会場いずみホール料金S席¥5,500 A席¥4,500(全席指定・税込)主催朝日放送一般発売日2014年9月28日(日)午前10時お問合せABCチケットインフォメーション
06-6453-6000
http://abc-ticket.pia.jp/
大阪公演のチケット先行販売はコチラ

■ 長崎公演
公演日2015年5月9日(土)18:30開演(18:00開場)会場とぎつカナリーホール主催NBC長崎放送お問合せNBC事業部
095-820-1022(平日10時〜18時)
■ 福岡公演
公演日2015年5月17日(日)14:00開演(13:30開場)会場FFGホール(旧福岡銀行大ホール)主催KBC九州朝日放送お問合せKBCチケットセンター
092-720-8717(平日10時〜18時)
■ 名古屋公演
公演日2015年5月23日(土)会場三井住友海上しらかわホール

●田中 彩子 ソプラノ歌手(ハイコロラトゥーラ)

田中 彩子2.jpg

10代から、その類いまれなコロラトゥーラの才能を注目され、ウィーンにおいて本格的に声楽を学ぶ。
22歳で、ベルンの州立歌劇場(スイス)において《フィガロの結婚》でソリスト・デビューを飾る。同劇場では日本人初、且つ最年少での歌劇場デビューで大きな話題を集める。翌年、国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクールではオーストリア代表として本選出場を果した。また、ブルガス国立歌劇場(ブルガリア)でのヴェルディの《リゴレット》のヒロイン、ジルダ役でのデビューでは 「透き通るような透明感のある声が素晴らしい理想的なジルダ」と評価され、大成功をおさめた。グスタフ・マーラー没後100周年にはドイツ・ルーマニア合同フェスティバル”Musica Coronensis”に招待され、マーラー:交響曲第4番のソリストとして出演する。

田中 彩子1.jpg

2013年に南米ブエノス・アイレスで行われたコンサート・ツアーでは、「高音は信じられないほど正確、それにもかかわらず響きは柔らかで、まさに天使のよう」と絶賛され、その年のベスト・イベントに選ばれる。音楽史上まれな超高音で有名なモーツァルトのコンサート・アリア「テッサリアの民よ Popoli di Tessaglia! K.316」 をジュネーヴで歌った際は、名歌手エッダ・モーザをはじめとした聴衆から「人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声」と賞賛された。
2013/14年にはロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ストラスブール室内管弦楽団などの定期公演に招待される。2014/15年はウィーン2大コンサートホールの1つ、ウィーン・コンツェルトハウスの大ホールにてオルフの《カルミナ・ブラーナ》でのソリスト・デビューで大成功を収め、2014年11月エイベックス・クラシックスよりCD「華麗なるコロラトゥーラ」を発表予定。
京都出身、ウィーン在住。


☆雑感・一言
ソプラノの中でももっとも難曲といわれる「夜の女王」を最高音部まで正確に出せるソプラノ歌手である。
歌声はクリスタルであくまでも柔らかい。天使の歌声といわれるゆえんである。
日本人ソプラノ歌手は声量的に劣っているといわれ続けてきたが100年に一人の逸材といわれ先が楽しみである。
なにせ日本人ソプラノ歌手には最適な「蝶々婦人」がお待ちかねです。
「私のお父さん」や「歌の翼に」なども聴きたいものです。

田中 彩子は体全体を楽器のように使うため、スペアリブステーキも含んで一日5回の食事を取るそうです。
其の割には驚くほどスマートなのです。

★田中 彩子(たなか あやこ )
田中 彩子(たなか あやこ )は、ヨーロッパを中心に活動するウィーン在住のソプラノ歌手、オペラ歌手。
田中 彩子
基本情報
出生
1984年2月23日(30歳)
出身地 日本 京都府
ウィーン在住
血液型 B型
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手 オペラ歌手

●田中 彩子ブログ アメブロ
http://ameblo.jp/ayako-tanakaa/

●田中 彩子公式ホームページ
http://ayakotanaka.jp/

人物
京都府出身。10代から単身ウィーンにて声楽を学ぶ。

22歳で日本史上最年少でスイスの首都ベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮のフィガロの結婚で代役なしでのソリストデビューを飾る。 (ソリストとしては日本人初、且つ同劇場史上最年少での歌劇場デビュー)

その後、国際ベルべデーレオペラ・オペレッタコンクールにオーストリア代表として本選出場を果たし、ウィーン・フォルクスオーパーとオペラ「ホフマン物語」のオランピア役で契約する。

現代の巨匠・名指揮者のズービン・メーターや名歌手エッダ・モーザから絶賛される。

南米アルゼンチンで行われたコンサートツアーでは、「信じられない程の正確な高音と、それに相反するやわらかな響きで、まさに天使のよう」と各紙で大絶賛される。
経歴
2011年 - マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同フェスティバル"Musica Coronensis"にて、マーラーの交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノソロを担当。
2012年 - オペラ魔笛の夜の女王役でオーストリアツアー公演を行う。
2013年 - ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー。
2014年 - オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』のソプラノソリストで、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー。

メディア出演
2006年3月20日 - フジテレビ「あいのり 第307話」ウィーンに留学している日本人として出演し、声楽を披露。
2010年 - ハンガリーの大手ネットショップVatera.huのTVコマーシャル出演。
2014年3月22日 - TBS「ジョブチューン・世界で活躍するプロフェッショナルSP」出演。

●オペラ歌手 田中綾子さん「スッキリ!」生出演
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/
日本の奥様をスッキリさせる、新情報バラエティー。毎週月曜〜金曜、8時00分-10時25分放送!
[司会・コメンテーター]加藤浩次、杉野真実、テリー伊藤、森圭介

●ミヤネ屋に神の声ハイコロラトゥーラの田中彩子出演
歌うときには常にノーブラに宮根誠司つっこみ!
田中彩子曰く「体をポンプのように使うので苦しいためブラは付けない」

ディスコグラフィ
アルバム
発売日 タイトル 収録曲
1st 2012年
Virtuosa Coloratura -華麗なるコロラトゥーラの芸術-
全8曲


◆田中 彩子自己紹介
Many thanks 2014, Hallo 2015!!
I wish you a happy new year to you and your whole family, full of peace and love.
新年明けましておめでとうございます!
昨年はウィーン・コンツェルトハウスデビュー、日本CDデビューと新しいことが続きましたが、皆さまの応援のおかげで無事新しい年を迎えることができました。どうもありがとうございます。
皆さまにとって2015年が健康で素晴らしい年になるよう心からお祈りしております。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!

田中 彩子3.jpg

10代から単身ウィーンにて声楽を学び、日本史上最年少の22歳の若さで、スイスの首都ベルン州立歌劇場にて、ダニエル・インバル指揮の「フィガロの結婚」で、代役なしでのソリストヨーロッパデビューを飾る。
(同劇場のソリストとしては日本人初、且つ同劇場史上最年少での歌劇場デビューとなる。)
国際ベルべデーレオペラ・オペレッタコンクール”にオーストリア代表として本選出場を果たし、その後名門ウィーン・フォルクスオーパーとオペラ「ホフマン物語」のオランピア役で契約。
ブルガス国立オペラ歌劇場にてヴェルディのオペラ「リゴレット」のヒロイン、ジルダ役でデビュー。2012年よりオペラ『魔笛』の夜の女王役でオーストリアをツアー中。

コンサート歌手としてもウィーンをはじめフランス、ドイツ、イギリスなどヨーロッパ各国のオーケストラや有名ホールにてコンサートに定期的に招待され、
フランス・ストラスブール室内楽団とのオペラアリアコンサートでは現地新聞や音楽雑誌などにて大反響を得る。
2011年グスタフ・マーラー没後100周年にはドイツ・ルーマニア合同フェスティバル"Musica Coronensis"にて招待され、マーラー交響曲第4番のソロソプラノ"Das Himmlische Leben"を公演。

2012〜2013年にはロンドン・ロイヤルフィルハーモニーオーケストラとのロンドン定期コンサート をはじめ、指揮者グスタボ・ドゥダメールの招待でエル・システマの『シモン・ボリバルオーケストラ』とのコンサート予定、
5月にはウィーンの2大著名コンサートホール、ウィーン・コンツェルトホールの大ホールにてカルミナ・ブラーナでデビュー。
ウィーン在住。

posted by kifemale69 at 09:46| Comment(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

ミハイロフスキー劇場バレエ(Mikhailovsky Ballet)による「ドン・キホーテ(Don Quixote)」のドレスリハーサル 看板プリマイリーナ・ペレンIrina Perren 来年1月来日


米ニューヨーク(New York)で20日、ロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)の名門バレエ団、ミハイロフスキー劇場バレエ(Mikhailovsky Ballet)による「ドン・キホーテ(Don Quixote)」のドレスリハーサルが報道陣に公開された


米ニューヨーク(New York)で18日、ロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)の名門バレエ団、ミハイロフスキー劇場バレエ(Mikhailovsky Ballet)による「クラス・コンサート(Class Concert)」のドレスリハーサルが報道陣に公開された。


米ニューヨーク(New York)で14日、ロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)の名門バレエ団、ミハイロフスキー劇場バレエ(Mikhailovsky Ballet)による「パリの炎(The Flames of Paris)」のドレスリハーサルが報道陣に公開された。米国内で2週間にわたり4つのプログラムが披露される今回のツアーは、同バレエ団初の米国ツアーとなる。


米ニューヨーク(New York)で11日、ロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)の名門バレエ団、ミハイロフスキー劇場バレエ(Mikhailovsky Ballet)による「ジゼル(Giselle)」のドレスリハーサルが報道陣に公開された。

「ミハイロフスキー劇場バレエ」としては初めてアメリカツアーを実施中で、2週間にわたり4つのプログラムが披露される。
ミハイロフスキー劇場バレエ団は、日本にも過去22回、毎年のように訪れ様々な公演を行ってきた。来年の1月初旬にも東京国際フォーラムなどでの上演が決定。日本を代表する世界的バレリーナの吉田 都の出演も決まっている。

ちなみに、これまで日本では、「レニングラード国立バレエ」の名称で知られていたが、来年の公演を機に、現地での正式名称に合わせた「ミハイロフスキー劇場バレエ」を使用する。


 白夜と芸術の都サンクトペテルブルグで生まれ、育まれてきたミハイロフスキー劇場バレエは、180余年の歴史と伝統を誇る名門劇場のバレエ団。「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」など古典バレエを得意とする一方、オリジナル作品の創作にも意欲的に取り組んでいる。1981年の初来日以来、1991年より毎年冬に行っている来日公演は約1000回を越え、観客からの熱い支持を得ている。エレガントで高貴な薫りを漂わせるコール・ド・バレエのアンサンブルの美しさは「世界最高峰のコール・ド・バレエ」と賞賛されている。
このバレエ団の特徴は、アンサンブルの1人ひとりに至るまでがクラシック・バレエの基礎を身に付けており優美なロシア・スタイルを体現していること。主役だけでなくソリスト、コール・ド・バレエ(群舞)も一体となって格調ある舞台を創りあげる。クラシック・バレエの王道をゆく名作を味わうには打ってつけのカンパニーといっていい。

 主役級も充実している。看板プリマで日本でも人気の高いイリーナ・ペレンIrina Perren は早くから主役を踊り技量と華やかさに磨きがかかってきた。同じサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場から移籍してきた貴公子レオニード・サラファーノフはすっかりカンパニーに定着し、類まれなテクニシャンでありながら音楽性豊かでマナーの良い演技を披露している。他にもエカテリーナ・ボルチェンコ、クリスティーナ・シャプラン、アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ、ヴィクトル・レベデフら気鋭ソリストが揃う。

◆看板プリマで日本でも人気の高いイリーナ・ペレンIrina Perren が来年日本にやってくるのです。
類稀なき美貌、卓越した技術、美しくしなやかなイリーナ・ペレンIrina Perren ただ一人を見るだけでも一見の価値ありです。
irina perren2.jpg

日本公演のための特別出演も予定される。芸術顧問を務める重鎮ファルフ・ルジマトフが自ら改訂演出を担当した『海賊』のコンラッド役を踊るのは必見だ。ストイックなまでに芸術性を高め続けるカリスマの現在(いま)を目に焼き付けたい。世界的に活躍し王子役に定評のあるデニス・マトヴィエンコがゲスト出演し『白鳥の湖』の王子を踊るのも話題。脂の乗りきった貴公子の妙技・妙演に酔いしれたい。
Irina Perren 1.jpg
 そして、日本を代表するプリマ・バレリーナ吉田都が「新春スペシャル・ガラ」に客演しマトヴィエンコとともに『ライモンダ』より第3幕〜ライモンダの結婚式〜を踊る。円熟の境地にある吉田は、古典バレエの様式美を確立した巨匠マリウス・プティパ最後の傑作のハイライトを、この上なくエレガントに踊るに違いない。

 本拠で共演しているミハイロフスキー劇場管弦楽団が帯同し息の合った演奏を聞かせてくれるのも魅力である。

★イリーナ・ペレン  Irina Perren
irina perren4.jpg
1980年生まれ
レニングラード国立バレエ、プリマ。
1998年ワガノワ・バレエ学校卒業後、レニングラード国立バレエに入団

入団後、短期間で「白鳥の湖」のオデット/オディール、「海賊」のメド‐ラ、「眠りの森の美女」のオーロラ姫、「ファウスト」のマルガリータ/へレナ、「バヤデルカ」のニキヤ、「シンデレラ」のタイトルロール、
「竹取物語」のかぐや姫など次々とグランドバレエのヒロインに抜擢される。
2001年、イタリアでのコンクール、2002年ロシア・ペルミ国際バレエコンクールで金賞受賞。
Irina Perren.jpg
◆Mikhailovsky theatre
ミハイロフスキー劇場バレエ
ミハイロフスキー劇場 (ロシア語: Михайловский театр、英語: Mikhailovsky Theatre) は、ロシアのサンクトペテルブルクにあるオペラとバレエ専用の劇場。1833年に設立。ソビエト連邦時代(1924 - 1991年)はレニングラード国立歌劇場、あるいは単にマールイ劇場(ロシア語で「小劇場」の意)と呼ばれていた。

歴史
1833年、ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクに「帝室ミハイロフスキー劇場」として創設される。1859年に建て替えが行われる。ロシア革命(1917年)までは専属のオペラ、バレエ団をもたず、主に演劇を上演。革命直後の1918年、ロッシーニの「セビリアの理髪師」でオペラ劇場として再出発。創立100周年の1933年、バレエ団を創設した。

名称の変遷
都市の名称も変わったことから、多様な翻訳名や記述が存在する。(例:レニングラードのマールイ劇場等)

劇場名
1833-1920: ミハイロフスキー劇場(英名: Mikhailovsky Theatre)
1920: (英名: The State Academic Theatre of Comic Opera)
1921-1926: ペトログラード・マールイ劇場(英名: Maly Petrograd State Academic Theatre)
1926-1963: レニングラード・マールイ劇場(英名: Leningrad State Academic Maly Opera Theatre/略称: MALEGOT)
1963-1989: レニングラード国立歌劇場/レニングラード・マールイ劇場(英名: Leningrad State Order of Lenin Academic Maly Opera and Ballet Theatre)
1989-2007: ムソルグスキー記念オペラ・バレエ劇場
2007 - 現在: ミハイロフスキー劇場(英名: Mikhailovsky Theatre)

劇場の愛称 サンクトペテルブルクでは、マールイ劇場(ロシア語で「小劇場」の意)の愛称で親しまれている。ちなみに「大劇場」(ボリショイ劇場)はマリインスキー劇場をさす。

都市名
現在の名称:サンクトペテルブルク
別称・旧称等:サンクト・ペテルブルク、ペテルブルク、ペトログラード、レニングラード、サンクト・ピーテルブールフ、セントピーターズバーグ等。

著名な初演
1930: 「鼻」 ー ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
1934: 「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 ー ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
1946: 「War and Peace」 ー セルゲイ・プロコフィエフ

バレエ
団員の多くがマリインスキー・バレエの附属学校(ワガノワ・バレエ・アカデミー)の卒業生であり、ロシア国内でもトップクラスのバレエ団である。 バレエ団員は136名。 日本では、レニングラード国立バレエという以前からの名称で公演している。

歴史
1933年6月13日、劇場附属のバレエ団としてマールイ・バレエ(英名: Maly Ballet)が創設された。
2007年、ミハイロフスキー・バレエ(英名: Mikhailovsky Ballet)へ改称した。

著名な初演
1936: 「明るい小川」 ー 振付:Fyodor Lopukhov、作曲:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

歴代の音楽監督・首席指揮者
1918−1936: サムイル・サモスード
1944−1956: (Эдуард Грикуров)
1960−1969: (Эдуард Грикуров)
1969−1971: (Геннадий Проваторов)
1977−1990: (Валентин Кожин)
1992−2009: アンドレイ・アニハーノフ
2009−2011: ペーテル・フェラネツ
2012- 現在: ミハイル・タタルニノフ(Михаил Татарников)
◆ミハイロフスキー劇場バレエ公演日程/上演演目
1/3(土)
14:00開演
(13:15開場)
会場 東京国際フォーラム ホールA 発売日
8/29
演目 新春スペシャル・ガラ
出演予定
ソリスト クリギナ&ヤフニューク
ソボレワ&ルジマトフ
吉田都&マトヴィエンコ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約3時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/4(日)
14:00開演
(13:15開場)
会場 東京国際フォーラム ホールA 発売日
8/29
演目 新春スペシャル・ガラ
出演予定
ソリスト クリギナ&ヤフニューク
ソボレワ&レベデフ
吉田都&マトヴィエンコ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約3時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/6(火)
19:00開演
(18:30開場)
会場 東京文化会館 発売日
8/29
演目 ジゼル
出演予定
ソリスト ヴォロンツォーワ&サラファーノフ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約2時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/7(水)
19:00開演
(18:30開場)
会場 東京文化会館 発売日
8/29
演目 ジゼル
出演予定
ソリスト ソボレワ&レベデフ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約2時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/8(木)
19:00開演
(18:30開場)
会場 東京文化会館 発売日
8/29
演目 海賊
出演予定
ソリスト ボルチェンコ&ルジマトフ(コンラッド)&サラファーノフ(アリ)
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約2時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/9(金)
19:00開演
(18:30開場)
会場 東京文化会館 発売日
8/29
演目 海賊
出演予定
ソリスト ペレン&ルジマトフ(コンラッド)&レベデフ(アリ)
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約2時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/10(土)
15:00開演
(14:15開場)
会場 東京国際フォーラム ホールA 発売日
8/29
演目 白鳥の湖
出演予定
ソリスト ボルチェンコ&マトヴィエンコ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約3時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/11(日)
14:00開演
(13:15開場)
会場 東京国際フォーラム ホールA 発売日
8/29
演目 白鳥の湖
出演予定
ソリスト ヴォロンツォーワ&サラファーノフ
席種 S席 15,000円
A席 13,000円
B席 11,000円
C席 9,000円
D席 7,000円
情報 上演時間:約3時間休憩ありメッセージカードを付ける事が可能です


1/12(月・祝)
15:00開演
(14:30開場)
会場 神奈川県民ホール 発売日
8/29
演目 白鳥の湖
出演予定
ソリスト ペレン&レベデフ
席種 S席 14,000円
A席 12,000円
B席 10,000円
C席 8,000円
D席 6,000円
情報 上演時間:約3時間休憩あり
posted by kifemale69 at 08:44| Comment(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする